感想『鬼速PDCA』

感想『鬼速PDCA』

こんにちは、本当に慌ただしい毎日を送っております。

本業が終わったら近くのお店に寄って副業を進め、

時間を作ってはジムへ行きなんとか健康を維持し、

体力の余裕を見つけては読書に勤しんでおります…

FGOとかいうスマホゲームを始めてさらに睡眠時間までも削っているなんて言えない。

最近実用書ばかり読んでいる気がする。。

さて、前回に続き今回読んだ本も実用書です。

最近実用書ばかり読んでいる気がします。

やっぱりブログを始めた以上、少しでもまともな事書かなきゃと思って色々勉強をしているのです。

そんな中副業をしている会社から本を勧められてしまったので、当分は実用書漬けかなと思います。。

「小説の感想書けよ!」って言ってくれる人がいたら是非言ってください。

大義名分が欲しいのです。。

『鬼速PDCA』を読みました

今回読んだ本は『鬼速PDCA/冨田和成(クロスメディア・パブリッシング)』という本です。

これは副業をしている会社で勧められた本の一つで、その会社では社長一押しの一冊だそうです!

なんでも、「これを完璧にできるようになれば、収入1000万は固い」とか。

そんな事を聞いたら読みたくなってしまいますよね、お金欲しい!笑

PDCAとは

この本では就活をした人なら必ず一度は耳にしているであろう「PDCA」を極限までやり込んだ方が書いている本です。

一応ご存知でない方の為に説明をすると、

PDCAとは

P : PlanD : DoC : CheckA : Action

の頭文字をとったもので、「計画を立て実行し、その結果を検証し次の行動を決める」という一連のサイクルを示すものです。

大学の就職講座ではよく教えられているのですが、

実際のところどうやっていいのか分からないし継続しにくく、私は実際にこれをできている方に出会った事はありません。笑

それぐらい難しいんですよね、これ。

「時間かけて計画立ててないでまず実行あるのみ!」という猪突猛進な私にはとても苦痛な事に思えてなりませんでした。

しかしこの本ではPDCAの価値と、それをどう進めていけば良いのかやり方や継続のコツ、ツール(しかも無料ツール!)の紹介までしてくれる親切な本なのです。

ちょっとやってみようかなと思えるコツや情報が散りばめられていて、とても良い参考になりました。

この本の利点

なにより私にとって大きかったのが、マインドマップやミーシー(英語忘れた)の簡単なやり方が紹介してある点です。

PDCAの最初にして最大の課題だと私が思っているのは、目標を立てる事です。

当然目標がなければ話が何も始まらないのです。

直接的ではないのですが、一通りこの本を読めば目標を見つける為にできる事が見つけられるかと思います。

目標が見つかるではなく、目標を見つける為の手段が知られる。といったニュアンスです。

欠点?もあった

ただ一点、これは伝えて起きたいと思う問題点がこの本にはあります。

それは、PDCAを実践した人じゃないと後半は何言ってるのかさっぱり分からないという点です。

はい、わかりませんでした。笑

でも著者さんもそれは承知のうえだと書いてありましたので、心配はいりませんよ!

私としては、分からなくてもまず一旦読みきってしまうことをお勧めします。

理由としては先ほど述べましたが、色々な手法が知れる為です。頭の片隅にあるだけで違うと思います。

PDCAは回し続けることで磨かれるそうです。

この本の価値をどれだけ見出すことが出来るかというのが、PDCAの習熟度の指針にもなるかと思います。

仕事や勉強にもう一歩踏み出したい方は実践してみてはいかがでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます!