感想『透明カメレオン』

感想『透明カメレオン』

真実こそ正しい。嘘は悪だ。
そんな考えは本当に正しいだろうか。

今回読んだ本は「透明カメレオン/道尾秀介(角川文庫)」です。

この本にはたくさんの残酷な真実と、たくさんの優しい嘘で溢れた本でした。

さて、まずはあらすじ!

ラジオパーソナリティの恭太郎は、素敵な声と冴えない容姿の持ち主。
バー「if」に集まる仲間たちの話を面白おかしく作り変え、リスナーに届けていた。
大雨の夜、びしょ濡れの美女がバーに迷い込み、彼らは「ある殺害計画」を手伝わされることに。
意図不明の指示に振り回され、一緒の時間を過ごすうち、恭太郎は彼女に心惹かれていく。
「僕はこの人が大好きなのだ」。
秘められた想いが胸を打つ、感涙必死のエンタメ小説。

 

主人公恭太郎は声”だけ”物凄く良い男性。
見た目は冴えない。そのギャップに本人は引け目を感じてしまっている人です。
そんな彼はラジオパーソナリティという天職につき、夜の楽しい時間を提供し続けています。

そんな彼の回りも面白い人ばかりで、キャラクターがよく立っています!
エンタメ感満載なキャラクター達があるきっかけでやらされることになるのが、なんと「殺害計画の手伝い」

コミカルさと物々しさが常に共存する読み手困惑の作品でした。笑

それなのに、この本を読み終えた時には印象ががらっと変わります。
最後に残るのは深い悲しみと優しさなんです。それがこの小説の凄いところ。

文字がびっしりなところがままある点は人によって好みが出てしまうかもしれないけれど、
実際に読んでみるとそのびっしりと書いた表現が、コミカルさを出していたりもするのだ!

個人的にはすごく響く作品でした。

この本について語りたい事は、ネタバレを多分に含みます。
というか、驚くところがまさにこれって感じなので、ネタバレを避けたい方は本を読んでから進んでください。

 

見る方はこちら